アギレラ 結婚プレゼントの代わりに募金をと呼びかけ 今年のクリスマスに結婚する予定と言われている歌手クリスティーナ・アギレラが、結婚式に招待する予定の家族や友人に、「プレゼントは持ってこないで。代わりにそのお金をハリケーンの被災者のために募金して」と呼びかけているという。「お祝いをしているときにも、ハリケーンでたくさんの被害があったことを忘れてはいけないと思う」とのこと。招待客は…とは言っても、手ぶらじゃ行けないしなあ、とか思ったりしないんでしょうかね。(◆10/21(金) 20:45)
「24」のエリシャ ロックバンドのプロモビデオでセクシー歌姫に 人気ドラマ24のエリシャ・カスバートが、ロックバンドウィーザーの新曲ビデオに出演することが明らかになった。「Perfect Situation」のビデオでは、“ウィーズ”というバンドがツアー中の設定で、エリシャがボーカル。しかし、歌姫エリシャがわがままで楽屋から出てこないため、ローディ(本物のウィーザーのボーカル)が代わってバンドのボーカルになるというストーリーだとか。ウィーザーのPVはいつも凝ってますよね〜。今回も楽しみ。(◆10/21(金) 20:30)
キャメロン・ディアス「女優になっていなければ科学者に」 モデルから女優に転身し、今では映画一本の出演料が20億円以上と言われるキャメロン・ディアスだが、「女優になっていなかったら”科学者”になっていた」と明かした。南カリフォルニア出身のディアスは芸能界よりも、ビーチなどの自然に親しんでいて「なんていうのかなあ、動物学者とか海洋学者とか?そんな感じ」になりたかったらしい。MTVで世界各地の未開拓の地域を旅行する番組「トリッピン」に出演しているが、この番組で自分の自然に対する情熱をファンと一緒に共有できて嬉しいのだとか。「セレブであることで、一般の人たちに地球への理解と働きに興味を持ってもらう手助けをすることが私の使命」だとも話している。地球のためにも、科学者にはなっていなくてよかったような。(◆10/19(水) 12:15)
シャロン・ストーン作詞のチャリティソングに意外な顔ぶれ 米女優シャロン・ストーンと作曲家デニス・リッチらによるハリケーン・カトリーナ・の被災者救済ソング「カム・トゥギャザー・ナウ」が発表されることとなった。作詞のほとんどはシャロン・ストーンが手がけたというが、80年代の”ウィ・アー・ザ・ワールド”的な曲となり、総勢20名以上のアーティストが結集する。この中には、ベテランのセリーヌ・ディオンや若手シンガーJOJOまでと多彩で、アイドル男性バンド・バックストリートボーイズのニック・カーターやラップのザ・ゲームと音楽ジャンルも幅広い。曲ダウンロードはiTunes,ビデオ配信はAOLで、またアルバムは11月1日から店頭発売される。(◆10/18(火) 18:20)
過去ログ:[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [▽20] [21] [22] [23] [24]